最新機種

暖かいのやら寒いのやら、
最近の予報を見てると
今日はどっちだ?明日はどっちだ?
と、全然わからない日々に陥る今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

実はわたくし。全然金欠なのに、
この年末にPCをさらっぴんに買い替えたんですよね。

前使っていたのはウィンドウズ10の中古品。
実質7年落ち。
でもって、それだとウィンドウズ11に対応していない、
と言われて、はい。
それと、去年1年間、ネット会議(私的なもの)を
よくやっていたのですが、主催者の俺のPCが
すぐフリースしたりして迷惑かけてるなぁ、
という思いもあって、
「買ったときが一番時代遅れ」という(いうのか?)
IT機器の本質に立ち戻って、
最新仕様のものに変えたんですよね。

ほんとは違う機種にしたかったけれど、
そっちは2022年が最新版、となっていて。
おそらくそれで終了なんだろうな、という予感もあり。
結局メディアがどんどん進歩して、
CDなどのディスクは使わなくなってきているから
CD非対応、なのが今使ってるやつなんですわ。

うーん。FDなんて書いても、もう通用しないんだろうな。
確かに「CDの売り上げ」なんてのも右肩下がりになるわな。
全部オンラインで販売してりゃね。

でもやっぱり所有欲、って「形」が欲しいのが
クラシック音楽ファン。(って全員そうなのか?)
まあ、ワントラック3~5分のアルバムと違って、
1楽章15分、とかいうトラックの長い音楽だからねぇ。
オンラインでの販売には(クラシックは)あまり
向いていない気がするけれど。

でだ。
恥ずかしながら、わたくし、ある種の代筆業をやってまして。
というか、やっていたのかな。
ま、とにかく文章を書く仕事、書類仕事、なのですが。
おへそ曲がりなわたくし。
実は「一太郎」をずっと使っていたのです。
でも金欠なオイラ。
一太郎は2018年バージョンでストップしたまんま。
そろそろ・・・と思っていたら案の定。
買い建てのウィンドウズ11にインストしようとしたら
拒絶されて。。。
ま、「非対応」というやつですな。
それと同時に知ったけれど。
メーラー。syurikennだっけ?てのがあったはず
なのに。これが2020年バージョンあたりで
消滅してるのね。サービス停止、ソフト開発停止、なのだとか。

ろくなメーラーもなかなかない中、結構重宝してたのに。

とかなんとか、で、一太郎は2024の発売を待つしかない
んだけれど。。。
え?なんでワードにしない?
そこなんですよ、奥さん。

ワードのIMEだっけ?これがもう腹立って腹立って。
いや、自分で使い慣れていないからかもしれませんが。
ATOKの方がオイラにははるかになじみがあるし、
やっぱり日本語変換は日本人が考えた方がまし
ちゃうのんか?というほど、今、痛感しているわけですわ。

うん。そうなんですわ。
今これはIMEでタイプしているのですが。
なんか文字変換、文節変換がなかなかうまくいかず。
プログラムがどうなてってるか、なんてことは
プログラマーでなきゃ理解できないんでしょうが。
どうも、ね、こう。
昔からワードとは相性悪くって。
なんか、なんでもできるけれど、なにもできないじゃん、
って印象なんですよねー。

じゃ、一太郎、ATOKは?と言われると。
文節変換も柔軟にしてくれるし。(そのはずだし。)
結構長文をタイプして一気に変換しても、
文節ごとに変換しても、
またタイプミスをしても自動で直してくれたり、
そんなね、こう、かゆいところに手が届く、というか。

IME使ってる会社の人に言わせると
「そりゃ慣れでしょ。IMEでストレス感じないっすよ」
という人もいれば
「ワードは全世界共通だからやむなく使っているけれど、
変換はATOKを使っています」っていう人も
実はこっそり?たくさん(わが社には)いたりして、ね。

でも、なんなんでようね。
ジャストシステムとMSとの違いって。
どの分野でもMSが巨人だから仕方ないんだろうけれど。
ジャストシステムも表計算(三四郎)とか、syurikenn(メーラー)とか、
そういう商品はどんどん撤退して。
でもオイラときたら、ワードにはアレルギーがあるし、
エクセルだって「なんでそんなに使いこなせるの?」というくらい
複雑怪奇だし。
(でもなぜか「三四郎」だと普通に使えた。)

まあ、もともとタイプミスも多いし「やっちまったぜ」
的なことも自分自身やらかしてしまいますが。
そういうのはヒューマンエラー、すなわちオイラが悪い
ってことなんだけど。

今はまだATOK・一太郎最新版の発売を待つばかり。
ということで、この備忘録も新春からIMEで入力してるんですが。
「それくらいのエラー、見抜いてよ~」
みたいな、ソフトのせいにするわたくし・・・

でも、年末からこう、いろいろ考えてみると。
携帯もタブレットももう4年近く使っているけれど。
さすがにくたびれてきたので、とうとう買い替えなんだろか?
タブはまだしも、携帯は今や生活必需品。
PCだって、通信機器として大切な必需品。
(そういや、そのせいでFAXもだんだん滅亡に近づいているのだ、とか?)

でもね。固定電話とかFAXとか、は一度買えば「OSのアップグレード」とか
全然関係ないっしょ?
でもPCは、OSが変われば必然的に買い替えを迫られるし、
携帯やタブだと、普通2年くればバッテリーの寿命が尽きて
新しいものに買い替えを迫られる、買い替えないと
使えない機能が出てくる・・・・

なんか、うまいこと商売されてるような気がして。
そういや、携帯も一度ショップに相談したとき、
「今のはもうすぐ4年になります」っていうと、
店員さん、マジでびっくりしてたもんなあ。
「そんなに長持ちさせる人、ってあまりうかがわないので・・・」
だって。
ま、若年層の皆様のようなヘビーユーザーではないですし。
たかが電話でしょ?
でももはや価格はPCと同じ。そりゃそうか。
機能もPCとそう変わらないもんね。

ということで。
PCはとりあえず新しくなったけれど、
全部、いろいろ必需品のレベルをキープするためには
あれやこれや、と買い替えに迫られるの・・・
なんか、どこかおかしく、ね?
なんでもかんでも「最新」でなきゃダメ、だなんて。。。

だれか、最新のXperia、iPad、くれないかなー。

この記事へのコメント