外来オケの高騰?

今は11月、そう、秋まっただ中のはず、
だのに、真夏日になったかとおもえば、
12月上旬?中旬並みの寒さになってみたり、
あーだこーだ言う間に
カレンダーももうすぐオシマイ、
つまりは冬の到来、ってことになるはず
なんではあるけれど、
・・・一体秋はどこ行った?
マジでこの国は「四季」ではなく「二季」に
なってしもたのと違うか?
というくらい、「今年の秋はどこ行った?」と
叫びたい今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

それにしても、マジで
秋はどこ行ったんだろな?
〇〇の秋、ってフレーズ、
今年はマッタク聞かなかったような気が。
10月、いや、11月に入っても
「かき氷」が売れる、というニュースがあったかと
思えば、
気候が大荒れになって、北日本日本海側では
大雪になります、とか、ね。

そんな中、例によってWPhは日本ツアーを行うし、
同じ時期に(!)BPOも日本ツアーを行うし。
どこにそんなに金があるんだろ。
バブルの時なんかは、下手した首都圏で
オペラに外国オケ2つ、が同日開催だったりとか、ね。

世界でも希な状況らしですが・・・
そもそも、なんで同じ時期に呼ぶのかね?
WPhとBPO。
さすがに「セット券」というのはなかったのかな。

この2大巨頭オケ。
今年のツアーをよくよく見れば・・・
WPhまだしも、BPOにはお休みが殆ど無いのね。
だからだろうなぁ。
BPOの大阪公演?では、演奏中に奏者が倒れて
演奏中断だったそうな。
(やっぱり日本の気候変動の激しさと、
休みが殆どないツアーのせいだろね。)

どっちのオケも「慣例」として、大阪公演が
終わった翌日か前日、絶対「お休み」が入っていたのにな。
え?なんでかって?
そらもう、本番終わったら弟子にタクシー用意させて
「北新〇」とか「〇園」とかに行ってくれ!なんっしょ?

とにかく、今回のBPOはちょっと強硬すぎたのでは?
しかも今回はジャパンツアーじゃなく、
アジアツアー?少なくともソウルで公演してたらしいし。

それだけ日程が詰まっているからなんだろね。
いつもだと、プレイヤーが降り番の時、またはツアーの
お休みの日、「お小遣い稼ぎ」のアンサンブルコンサート、
ソロコンサート、はまだしも、「マスタークラス」の
開催などをして、お店もプレイヤーも受講生も聴講生も
皆Happy、って構図が毎度のことだったのにね。

どこのホールでも、楽器搬出口(または楽屋出口)に
ツアーバスがつけてあって、もう「演奏旅行」の
「旅行」がなくなって、ある種の哀れさ、可哀想さ、に
同情してしまいますわ。

あまりにも強硬だったから、やっぱりプレイヤーがぶっ倒れたのね。
→どんだけ強行軍やねん?

でも。でもね。
やっぱり4人家族で至福の体験をしようとしたら、
それで20万円近くが吹っ飛ぶわけっしょ?
特にBPOは神原とかKAJIMOTOとかが
手を引いて、フジTVがプロモート・マネージメントに
入ってから、急に値段が高くなった、という印象も。

いや、実際オケへのギャラが高騰してるんだろうね。

だから必然的に、30ほど前だとカラヤン・S席で
20000円(S席)だったのが、今やS席、って
50000円くらい取るでしょ?
「我々は音楽を守らなければならない。
次世代へ次いで行かなければならない。」
なんてかっこいいこと行ってるけれど。
「次世代」即ち学生に「聞け」と?

当然聞きたいのは分かっているけれど、
こういう所でもレートの変動って影響有のかしら?

そりゃこいう企画が経つのはだいたい3~5年前とのこと。
2年?という話も聞くけれど。

やっぱり、ちょっと限界超えてるんじゃない?
オペラハウスの引っ越しだって言えるけれど。
確かに諸物価は上がってますがね。

でも、実質全部S席で、オペラでもオケでも
50000円?
親子4人で聞きに行けば、「それだけで」200000円?
それだけあれば、工夫して、個人旅行でもっと安く
現地で聞けるのではないかしら?

意外と、現地での定期演奏会で「チケット頂戴。買いますよ」
ってプラを持って立っていると、どこからともなく
「はい、これ(売って)あげる」なんてこともあるようだし。

それにしても、やっぱり高い。
そういや、物価高っての、あまり考慮に入れていなかったのかな?
それとも、オケの値上げとレートの変動が上手く相容れて、
ホントなら6万は取りたかったところを5万にしてるのかな?

ま、何ごとも「綺麗」に切れれば、それで充分
なおでしょう・・・かしら、ね?

そういや。音楽会(コンサート)ではなく、展覧会の場合は、
世界的名画がやってきたから、といって入場料が10000円に
なった、なんて話は効いたことがないし。

それに、ついでに言えば昨今の金の高騰で、
管楽器群が金価格につられて、銀も木管も、どんどん値上げして、
挙げ句、数年前に弟@オケが買った笛も、
いまや倍の価格になって。

うーん。至高の美を求めるにはそれなりのお金が、って
頭で分かっていても、こうもすらりと、きっぱりと
みせ「つけられる」と、「なんだもういいや」ってなるんじゃ
ないのかしらね。
音楽マネージメント会社の皆様、ちょっと考えた方がいいんじゃない?

我が家じゃ、今や高額演奏会行くより、絵画展の方が
行く回数増えてるもんね。
だって、1回2000円で、美の体験を出来るんだからねえ。

どうか、素敵な美術展まで引きずられて値上がりしませんように。

お願いします。どーか、こう、1つ、よろしくお願いします。

PS
いつぞやのWPhは「我々は金をいくら積まれても演奏会場は自分達が
納得したところでやる」って行ってたけれど・・・
BPOは、「高額チケットだとお客の裾のが広がらないから、もっと
料金を抑制して、世界中の若い人に聞いてもらいたい。でなければ、
運営員会は困るなぁ、という声もマジで出始めているものとばかり
・・・あ、ガハゲヘゴホ。
BPOはカメラが入ってた、の?
だったらオンエアに期待、かな。

この記事へのコメント