’23 日本GP

暑さ寒さも彼岸まで、とは実に良く言ったもので、
先週までのジメジメした暑さはどこへやら・・・
え?今週もまだ真夏日がある?
だって、もう9月も終わりやで?
ホントにまだ30℃超えるの?
例年9月末なら25℃くらい、って
お天気の人もいってるのに、
やっぱり冬はあたたかいんだろうか?
と身勝手な予想をしてしまう今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

9月末、というか、いよいよ10月、となると
ついついF1日本GPの三連休がやってきて、
それが過ぎると秋本番・・・

というのが体内年間時計だったのですが。

今年はレース数を増やしたせいで、
鈴鹿も第17戦?で、シンガポールと連戦で
9月末の開催、と相成ったわけで。

むかーしのF1GPなら、16戦とか17戦は
シリーズのオシマイ、そろそろドライバー、
コンストラクターのチャンプが決まる頃、
そこにちょうど鈴鹿が嵌まってたから
もう一人で(いや、親友と一緒に?)
盛り上がっていたのですが。

もうあれから30年・・・
若い、ってええよなぁ。未だに鈴鹿で
F1見た、なんて自分でも信じられない。

しかも最近はだんだん縁遠くなっていくから
フォローも不十分だし、え?という話もいっぱい。

でもやっぱり鈴鹿サーキットっのは特別なんだろね。
どのドライバーもTop3に上げるし、
なによりコースが好きというのと同じくらい、
そこに集まるファンが好き、というのも
ドライバー、チームには好評の元らしい。

この鈴鹿でのレース、実は来年から
運輸の問題もあって、3月?4月?になるんだ、とか。
秋の鈴鹿もいいけれど。
春の鈴鹿、ってなるのなら、
コースのどこかに桜並木がふんだんにあってほしいな。
あ、でも桜の花びらがコースに舞い落ちると、
それはそれでキケンかな。

でも桜吹雪の中を疾走するF-1マシン、って
なんか、考えるだけで好き、かも。

さて、そんな妄想の中迎えた、今年の日本GP。
ここ数年の傾向だけど、
エンジンレギュレーションが変わった年に
Topに立ったチームが
年間を圧倒する、って図式は
今年も変わらない風景だったみたいですね。

今はもうキライになったけれど。
マクラーレンの2/3ポジション、ってのは
どうなるんだろう?
しかも一人は大物新人。
R.デニス時代には絶対なかったろう、新人起用。

それから、つのっち。
やっぱり今年のアルファタウリはミスったのかな。
RBRのお下がりでも使えるのなら使えばよかったのに。
そんなつのっち、Q3進出で予選9位!
あともちょっと、でアロンソも抜いてたかも?
と聞くと、やっぱりつのっち、
今年のアルファタウリはレギュレーション変更を
上手く活かせなかった、ってことかぁ。
そこがビッグチームとの差?
だって、マクラーレンなんて、シーズンインして
しばらくは「大外れ」で思いきり悪戦苦闘してたのに、
17戦目にして、ほぼ最前列独占。フェラーリや
メルセデスも引っこ抜いて、その前にいる、なんてね。

どのチームもこれくらいのスペック持ってたら
もっとグチャグチャになって面白いシーズンだったかも。

で、肝心のレースだけれど。
マックスが2台のマクラーレンをどういなすか?
が興味所だったんだけど、
案外、あっさり2台を押しのけて、というか
脇へおしやって、S字ではもうTop。
こうなるとマックスの一人舞台。一人旅。

ただ、今シーズン面白いな、と思えるのは、
今まで(特にメルセデスの時代)だと、
最初の数ラップで決まった順位でそのまま最後まで
いっちゃう、ってことが多い印象だったけれど。
今年の、少なくとも鈴鹿では、
あちこちでバトルがあって、
それはそれでおもろいな、と思った次第。

それと、エクレストンが権利を手放してからの
TV中継だけど。
最初の頃は、もうアメリカンそのもので
とても見られたもんじゃなかったけれど。

慣れ?もあるのかしら?
色々と工夫もなじんできて、
TV観戦ならではの楽しさ、ってのもありましたね。

ジャイロ付きのオンボードカメラ、
ってのも始めて見たなあ。
いかに第1コーナーからS字にいたるまで
左右に振られるのか、が視覚的にわかるし。
前を行く車が誰で、差はどれだけあって、とか。

まあ、あまり詳しくやりすぎると
レースなのに「先が見えちゃう」という欠点も
感じていたのですが。
(それもあって、最近F1からちょっと遠のいていた。)

やっぱりTV中継もそれなりにこなれてくると
見ていて面白い、という感じになりましたね。

こうなると、カミさんつれて鈴鹿サーキットに
一度は行ってみたい、と思ったり。

そうそう。つのっち。
折角のQ3突破、P9だったのに・・・だったのに・・・
こういう所もビッグチームとの差なのかな?
ストラテリストはおらんのか?
タイヤ交換、予選に賭けてたから、新品の残りが
少なくて、やりくりに苦労したのかもしらんけれど。
p7~p10は、ある程度戦略というやつで
どうにでも動かせたと思うんだけどなー。

今シーズンのアルファタウリ、つのっち、
予選でそこそこでも決勝でずるずる・・・
ってパターンが多い気がする。
アルファタウリは気が付けば
コンストラクターズで一番下・・・

こりゃつのっち、RBから切られるな、と思っていたら、
なんと4年目?来年もシート確保?!
RBRは、3年は待つけれど、結果が出せないと
そのままクビ、ってパターンだ、って聞いたけれど。
そっかー。
シート確保はまず喜ばしいけれど。
来年まではHONDAのバックもあるんだろうけれど。
なんとかして、しっかり爪痕残してもらいたいもんだ。

中継のエンディングを見ながら、
結局、昨日の日曜日は予定してたこと
なーんもしていないことに気が付いて、
なんだか終わると同時にドバッと疲れたけれど。

来年は春開催の鈴鹿・・・
まず台風は来ないだろうけれど。
天気も春の陽気であることいのるばかり。
そして、どこかに「満開の桜の森」が
あればいいな。

そんなこんな、を思いつつ。
レース後は散々回りからクソミソ言われてる
俺の「笛」の練習に励みました、とさ。

マクラーレンみたいに、最初はボロボロだったのを
何度もモデルチェンジして、
Top争いに食い込める、
それくらいの跳躍、できないかなぁ。

なんか、わびしい気持ちでそんなこと考えてしまった
日本GPでした。

さて。この先どうなりますやら?
コンストラクターズは決まったし(おめでとう!)
ドライバーズもマックスで決まりだろうけれど。
アロンソ、アストンマーチンがどうなるのか
興味津々。
やっぱ、速いドライバーは基本どれに乗っても
速いんだろな。
となると、マクラーレン・ホンダはホント悲惨だったのね・・・

この記事へのコメント